琳子
http://hanurubarambyoru.blog102.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
怪しい関係ではありません
2009-01-31 Sat 14:28
穏やかな昨日までとは違って、今日は雨、
夫は朝から京都に出かけました。
会議を終えた後、向こうにいる長女と一緒に夕食を食べる約束をしていて、
昨夜は何処でご飯を食べようかと色々考えていたのですが、
「お姉ちゃんとご飯食べるの良いけど、怪しく見られないようにね!」
水を差すような三女の一言で夫は苦笑い。
中年のおじさんと若い女の子が二人で食事の風景は、
見方によってはヘンに見えるかもしれません。
「だから一緒に来て欲しかったのに!」と夫はぼそり。
そういえばしつこく同行を誘われていました。
会議が終わるまで、好きにしてていいからと。
でも一緒に行けば、もれなく三女がついてきて、
ショッピングに連れ回されるのは必然で、
せっかくのんびり出来る週末を無駄にしたくない私は、
バンドの練習をサボっても京都へ行こうとする三女に、
「バンド練習にドラムがいなくてどうするの?無責任だよ。」と、
もっともらしい理屈で三女をいさめて断ったのでした。

今日はお昼ご飯もパン屋で済ませて、
三女をバンド練習に送ったついでに本屋に寄って、
後は私一人本を読もうか、ゲームをしようか、DVDでも見ようか…
夕食は彼女と二人で外食となったので、
何を気にすることもなくのんびりと出来ます。
夜には三女を迎えに行き、そのままどこかでご飯を食べて帰りますが、
お店のとなりのテーブルに、
もしもおじさんと若い女の子が座っていたとしても、
怪しい関係?なんてジロジロ見ないようにしないとね。
私が学生だった頃、よく父が出張ついでにやってきて、
普段食べない高い食事をごちそうして貰っていたけど、
あの当時は、今ほど人目を気にすることなんてなかったような…
今のお父さんは大変です。
母娘だったら、何も気にしなくて済むことなのに。




















スポンサーサイト
別窓 | 子供達 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
出会いは必然?それとも偶然?
2009-01-30 Fri 17:28
「授業中泣いちゃった。」
帰って来るなり発した三女の言葉にビックリして、泣いた理由を聞いてみて、
あまりのアホさに呆れてものが言えなくなりました。
保健体育の授業中に彼女は本を隠して読んでいて、
主人公と愛猫との別れのシーンで悲しくて泣いてしまったとか。
欲目で言う訳じゃないけれど、
クラスではトップレベルの運動神経を持ち体力測定でも上位の三女なのに、
成績表の保健体育は学年で下一桁、
ペーパーテストが悪くてもここまでひどくはないはずなのにと、
不思議だった理由がよ~くわかりました。
私も同じ事をやっていたから、強くは言えないけれど、
もう少し気をつけなさいと説教しても、
頭の中がまた本の世界へ飛んでしまった三女には聞こえてないのか、
「大切な猫が死んじゃって、悲しくて……ママも読むと良いよ。猫好きでしょ!」
とカバンの中から本を取り出しました。
飼っていた猫ちゃんがいなくなって悲しい思いをしたから、
そんな本は読みたくないと、きっちり断ったら、
「猫ってすごくかわいいね。次は猫飼おうよ。」
あれだけ犬派だった三女が、すっかり猫派に転身です。
猫派の次女と私、犬派の夫と三女、どっちでもいい長女、
保たれていた我が家のバランスが崩れ、
夫は『裏切り者!』とおかんむり。
微妙な心の変化を感じたのか、
犬君3号は掃除機に粗相をするし…

昨日の席替えで一番後ろの席から、
一番前のど真ん中(教壇の正面)が当たった三女、
「今日から本が読めないじゃないの!」と、
今朝は文句たれながら登校していきました。
もちろん席替えは抽選だったようですが、
ご主人様の心変わりに怒った犬君達の仕返しなのか、
授業を読書に充てた三女への天罰なのか…
私の手元に残った本、
三女が欲しいと望んで我が家へやってきた犬君2号の名前と、
本の著者の名前が同じだって事に気づいたけど、
三女は気づいて買ったのかしら?















別窓 | 子供達 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
心はすでにバレンタイン
2009-01-26 Mon 19:36
今日のお弁当
lunch 013
茶巾(サツマイモ)、焼きたらこ、キュウリ竹輪、鶏の照り焼き、ブロッコリー、トマト
ご飯、イチゴ


「最近チョコのことばかり考えてる。」三女は、毎日手作りチョコの本と睨めっこ。
バレンタインの前の節分は素通りで、頭の中はバレンタイン一色です。
女の子同士の交換、先生、仲の良い男の子、おじいちゃんにパパ、
毎回それだけ配ろうと思ったら、材料もたくさん要りますが、
台所もバレンタイン直前はすっかり占領されてしまいます。
今年は三女一人しか居ないので、
幾分マシなのでしょうが、
材料を頼まれたり、買い物の運転手させられたり、
バレンタインが近づくといつも子供のペースに巻き込まれます。
ちらちら本を見ては、美味しそうを連発していた三女、
「そういえば、最近ママお菓子作らないね。あれ楽しみなのに。」
矛先がこっちへ向かってきました。
ダイエットと騒いでいたくせに!
話を変えようと、私の学生時代の話をしたら、
「何それ?汚いじゃないの!良くそんなことしてたね。」
あこがれだった人にチョコを手渡しできなくて、
同じ思いの友人とそっと学校の下駄箱に入れた思い出、
彼女のリアクションは、『汚い』。
今思えばそうなのかもしれないけれど…
○倍返しなんていうホワイトデーもなかった時代、
手渡ししてもお返しなんてないと話したら、きっと信じられないでしょうね。
来週はまたテストがあるというのに、
3週間も先のバレンタインデーに心がとんで行ってる三女、
たまにはテストもこれくらい念入りに準備してくれないかしら。
『努力は人を裏切らない』、キムタクの好きな言葉だと教えてくれたけど、
少しでも実行してみたら、良いことがあるかもしれないよ。























別窓 | 子供達 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
赤ずきんちゃん 気をつけて
2009-01-22 Thu 20:16
韓国語の教室でこんなお菓子を頂きました。
    20090121133823.jpg   20090121133421.jpg オバマ煎餅です。
味は玉子煎餅、後ろ姿の方は話の種に家へ持って帰りました。
家族の反応は……物好き~!暇人~! 
このお煎餅、オバマさんの許可とか取っているのでしょうか?


今月〆切の書類をすべて投函し終えて、給料もちゃんと送信して、
最後に携帯電話会社宛の手紙を投函しようと取り出してきたら、
〆切が10日以上も過ぎていました。
新しく始まる携帯電話のフィルタリングサービスの書類です。
導入がちょうど決まった頃、
「大きなお世話!」と該当する三女は反発し、
「フィルタリングかけて遮断するのはいいけど、
何も危険を知らずに育った子は大人になったらどうなるの?
危ないことをすべて避けて一生過ごせる訳じゃないよ。
痛い思いをしないとわからないこともあるし。」と三女の援護射撃をした次女。
PCだってフィルタリングしてないじゃない?と二人に押される形で、
フィルタリングはかけないことになりました。
いつもは何を頼んでも聞いていない三女がさっさと署名をして、
「早く書類送ってよ。」と毎朝言っていたのに、
のんびりと構えていて、うっかり期日を忘れました。
携帯電話会社に問い合わせをしたら、
お店の方でならまだ受け付けてくれるとのこと、
三女に内緒で明日持っていくつもりです。

私達を信じてないの?
と聞かれたら、もちろん信じてはいるけれど、
間違ってとか不注意で、はたまた魔が差して痛い目に遭わないとは限りません。
大丈夫!と言われても
ホントに大丈夫?と思ったことは何度あったことか…
不安要素を一つでも取り除けば、少しは気が軽くなるというものだけど…
それをしないことが正解なのか間違いなのか、
答えを出せるのは娘達自身ですが、
少しでも答えのヒントが欲しくて、
顔を合わせると一言言ってしまいます。
「大丈夫?気をつけて」





















別窓 | 子供達 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
急流中底之柱即是大丈夫之心
2009-01-15 Thu 13:04
いよいよ今週末はセンター試験です。
試験会場となる次女の大学は三連休になるとかで、
サボっていた課題の制作に時間を回すことにした次女、
去年の今頃はピリピリしていたけど、
今年はいたって平和な様子です。

塾の先輩と部活の先輩に渡すからと、
三女から応援クッキーの材料を頼まれて買ってきたのですが、
肝心の彼女は不注意で右手を怪我して、
昨夜は私も一緒にクッキーを手伝うことになりました。
lunch 006
形は桜がいいと思うのだけど、三女が使ったのはハート形、
「なんて書いたら良いと思う?」と聞かれても、
洒落た言葉なんて浮かんでこなくて、
『合格』と書いた三女、『祈』はなくて良かったのでしょうか。
桜のプリントされた袋に詰めて、今朝学校へ持っていきました。
去年の次女の試験の時も、
お姉ちゃんが上手くいきますようにと、クッキーを作った三女、
縁起を担ぐ訳じゃないけれど、
このクッキーが彼女たちに幸運を運んでくれますように。

今日もこちらは雪景色、
第一の関門まで後二日、足元に気をつけて、
健闘を…祈る。















別窓 | 子供達 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| 空と風と星 | NEXT
copyright © 2006 空と風と星 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。