琳子
http://hanurubarambyoru.blog102.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
地元の常識、日本の非常識
2008-12-11 Thu 17:12
先週家族でみたTVで、また一つ私の常識が覆りました。
丸焼き鯖(浜焼き鯖)、他県では食べないのですね。
他県出身の夫は、当たり前だと言いますが、
私はTVを見て、「うそっ!」思わず大きな声を上げてしまいました。
TVでは地元県民の鯖好きを紹介していましたが、
TVで取り上げられた鯖缶を頂きました。
こちらでは普通に贈答や結婚の引き出物に使われます。
1113 014 1113 0131113 015左上から味噌煮、甘辛醤油、唐辛子入り甘辛醤油
一つ500円くらいします。ただ、使われている鯖は県産ではなくて、ノルウェー産と表示。

“鯖缶いる?”と長女と一応次女にも送ったら、
どちらからもほしいとメールが返ってきました。
長女は鯖缶大好きで、友人達にも好評だからとよく送っていましたが、
次女は魚嫌いの缶詰嫌い、欲しいというのが不思議です。
秋に大学へ戻った時、お世話になった先輩へと鯖缶を持たせたのですが、
渡した鯖缶が好評だったのか、ひょっとして自分で食べたら美味しかったのか、
今度帰ってきたら、聞いてみようと思っています。

「ママ、鯖は串に刺して売っているよね?」と夕方帰ってくる長女からの電話、
向こうで同じTVを見ていたようです。
おみやげに丸焼き鯖を頼まれたようですが、
明日は大学へ直帰する彼女、串に刺した鯖を持って帰るのはちょっと……
焼き鯖寿司にしたら?ということになりました。
こちらは2日くらい日持ちがするし、美味しいみたいです。
ちなみに我が家の今日の晩ご飯はアジの田楽、
アジを丸ごと焼いて、田楽味噌をかけた物ですが、
これは一般的な魚料理なのでしょうか。












スポンサーサイト
別窓 | 地元 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
冬の味覚
2008-11-21 Fri 18:02
冬型も緩んで朝方は晴れ間も出ていたのに、
急に暗くなったと思えば稲妻と雷、地響きのような音には慣れていますが、
PCやTV,ビデオが壊れないかと冷や冷やしました。

地元を離れて進学した初めての冬、
急に水羊羹が食べたくなって、買いに行ったのですがどこにもありません。
友人に聞いたら、みんなの答えはどれも同じ。
「水羊羹は夏の食べ物!」
水羊羹は冬の食べ物じゃないの?
地元の常識がよそでは非常識とわかった瞬間でした。

1113 005
秋から冬になると、地元では水羊羹が並びます。
紙製の箱に流し込まれたスタイルは今も同じですが、
取り分けるへらが、木製からプラスチックになった物が増えました。
子供の頃冬の夜はこたつに入ってみかんと水羊羹でしたが、
子供達はこたつに入って、アイスとミカンです。
1113 004

水羊羹とミカンは買ったけど、こたつはまだ出していません。
いつまでこたつなしで頑張れるかなぁ。










別窓 | 地元 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
カニ解禁
2008-11-07 Fri 20:12
昨日地元のカニ漁が解禁となり、初物を頂きました。
kani 001

               kani 002こちらはズワイガニ、

kani 005  kani 007
足を取り、甲羅を返してまず味噌を取り出してから身を取り出しました。
個人的には甲羅部分のカニ味噌混じりの身がとても美味しいと思っています。
kani 008 カニ1パイ分でこれくらい。上の鉢は足の部分
               kani 004こちらはセイコガニkani 011身は少く主に甲羅の中をたべるカニです。
kani 012 2ハイ分さばいてもこれだけです。
カニは主婦泣かせ、さばくのに時間がかかりますが、主菜にはなりにくい!
今日はズワイの足の部分は押し寿司にし、残りは生食用にしました。
身が残ったら、明日の朝はカニ雑炊にするのだけど、多分残らないでしょう。

kani 016

kani 015
晩ご飯、カニは全部夫と三女の胃袋へ。
誠に腹の立つことですが私はカニアレルギー、
手間かかったのに、私の口にはいることはありませんでした。

























別窓 | 地元 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
地元をちょっとご紹介
2008-11-01 Sat 18:03
市中心部にある山でイベントのお手伝いをしてきました。
市民の憩いの場であるここは、春は桜、初夏には紫陽花の綺麗なところです。
娘達は中学時代、毎年創立記念日にはこの山でマラソン大会でした。

20081101100516.jpg
会場の近くにある小さな池、
戦国時代に豊臣秀吉が柴田勝家を討つために陣を張ったとされる場所です。
ここからだと平地にあったお城はよく見えたのでしょうね。

20081101100245.jpg
池のすぐ裏は小高い丘になっています。
ここは1600年前の豪族の古墳だそうです。
本日公開の『レッドクリフ(赤壁)』が1800年前というから、丁度その200年くらい後ですね。

20081101140944.jpg古墳のてっぺんにある像
丘の階段を上がっていくと頂上にある像、
頭が大きくてバランスの悪いこの像は第26代継体天皇です。
25代武烈天皇が亡くなった後即位しましたが、
大和の地に入るまで20年を要しました。聖徳太子の曾祖父に当たる方で、
謡曲『花筐』は継体天皇と照日の前のお話です。
地元に数多くの伝説の残る継体天皇像は、
西向きに市内を見下ろしていて、
午前中は逆光で写真がなかなか撮れませんでした。
遊んでいないで、しっかりと豚汁の鍋を見ていなさいということだったのでしょうか。




















別窓 | 地元 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ソースカツ丼
2008-07-09 Wed 12:25
今日のお弁当
beniya 043

ソースカツ丼、佃煮(鰹昆布)、サラダ(トマト、チーズ、きゅうり、ブロッコリー)、なし、キーウィ

近所の肉屋さんで、ソースカツ丼セット(トンカツとソース)を見つけました。
肉が苦手な三女も、ソースカツ丼は好きです。

ソースカツ丼…の追伸
別窓 | 地元 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
| 空と風と星 | NEXT
copyright © 2006 空と風と星 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。